消費者金融に関する思い出

消費者金融も今はかなりサービスも改善され、消費者にはより利用しやすい存在となってきています。
でも、私が子供の頃は、消費者金融というと、利息も恐ろしく高く、怖い存在でした。
母親がお金にだらしなくて、いつの間にか消費者金融への借入を行っていたのですが、返済をまともにおこなっていなかったので、あっという間に利息は増え、そして返済を行うためにまた別の金融機関から借入を増やすなどですぐに多重債務に陥りました。
そして当時は取立てもとても厳しく、自宅でも嫌がらせのようなことをされました。
それで私も消費者金融の利用は怖いことだと思っていたのですが、でも一番にはお金を借りた本人の弱さに原因があったと思います。
今、真っ当になった私は、前と変化なく、キャッシング専業主婦をしております。
利息が多少高くても計画を持って利用していれば、それほどひどい状態にならないで済んだと思いますし、そして早めに家族に打ち明けてくれればもっと早く解決できたと思います。
そして父も言われるがままに返済していましたが、弁護士や司法書士等に相談すれば、もっと良い解決策があったのではと今では思っています。

子供の学資保険について

最近の一番大きな出来事と言えば、3月に出産をしたことです。
いろいろとやることや準備することが膨大ですが、まずは子供の保険について考えることにしました。
お恥ずかしい話ですが保険については殆ど無知だった為、友人から勧められた学資保険で考えてみることに。しかし、学資保険と言ってもこれまたたくさんの種類があるのですね。
子供に関してのことなので出来るだけたくさんの保障を掛けてあげたいのですが、決してお金に余裕があるわけではない我が家ではできるだけ月々の掛け金が少ない方が助かります。
こういう時はやはり保険会社の方に直接話を聞いてみるのが一番ですね。
パンフレットや書類だけでは分からなかったことや詳しい条件など親切丁寧に教えていただけたし、月々の掛け金もあらかじめどれくらいなら支払っていけるかをお話すると、それに見合った見積もりを作成してくれました。
保険というと何十年という長い間支払っていくものなので、やはり詳しいことまでしっかり理解して自分の納得いくものを契約したいものです。
初めての出産で何から何まで初めてのことばかりなので不安や心配もあったのですが、とりあえず子育ての第1歩を踏み出すことができたかと思いました。
これからも子供の為にやることがたくさんあると思いますが、新米なりに頑張っていきたいと思います。
融資は低金利のキャッシングを利用してます。保険を支払うためにキャッシングを利用するのも変な話ではあります。